お金は資産運用で威力を発揮

銀行の普通預金に預けっぱなしにしておくのではなく、お金は資産運用をすることで威力を発揮します。

お金は資産運用で威力を発揮

お金は資産運用をすることで威力を発揮します

通常であれば、給料などで得られたお金を銀行の普通預金に預けているのが一般的であると思います。
ですが、銀行の普通預金にお金を預けっぱなしにしていても、お金は威力を発揮する事ができません。お金は、お金を産むというチカラを持っています。
そのためには資産運用をすることが大切であり、必要不可欠です。

今直ぐ使うことの無いお金を銀行の普通預金に預けっぱなしにして、嬉しくなる気持ちは判ります。
ですが、それは自分が多くのお金を持っているという安心感を得るための精神安定剤にしかなりません。銀行の金利は低くなりつつあります。
普通預金にお金を預けっぱなしにするのではなく、お金がお金を産むという資産運用を真剣に考えて取り組むことで、現在持っているお金を増やすことも出来ます。
また、目的を持って資産運用をすることでモチベーションも高まりますし、給料で得られた以上のお金を保有する事も可能となります。

資産運用の考え方の基本としては効率よく資産を増やすということです。

つまり、効率よくお金を増やすということが目的となります。
貯蓄型の資産運用には銀行の普通預金があります。
実は普通預金に預け入れていることも資産運用のひとつとなります。
金利がとても低くて、効率よくお金を増やすことができません。
ですが、預け入れた元本は保証されます。
つまりローリスク・ローリターンな資産運用です。

投資型の資産運用は、投資信託、株式取引、外国為替、純金購入など価値が上がるであろうと考えられる商品を購入します。
そして価値が上がった時に売ることでリターンが得られます。
安く買って高く売るという古典的なスタイルです。

投資型の場合ですと、価値が上がると思っていても下がる可能性もあります。
価値が下がったとしても半年後には倍以上に価値が上がる事もあります。
つまり、価値が上下変動するというリスクが必ず伴います。
リスクを理解して、上手に付き合うことで上手な資産運用が可能となります。

Copyright (C)2015お金は資産運用で威力を発揮.All rights reserved.